エステサロンの独立・開業をサポート、個人サロン専門スクール「きれい塾」|株式会社CoCoRo

フリーダイヤル 0120-842-109

開業資金について

個人サロンの多くは、自宅の一室かマンションの一室を借りて開業します。
自宅でフェイシャルサロンを開業する場合は、エステ機器、化粧品、タオルなどの消耗品にドレッサーなどの備品があればよいので30万〜50万円という少ない資金で開業できます。

またカウンセリングなどをおこなう応接用のテーブルセットなどは、リビングの応接を活用すると良いでしょう。いずれにしても家具類はお家の物を活用するか、組み立て家具など安価なもので十分です。

自宅の一室で開業する場合

  • エステ用ベッド:30,000円〜
  • スチーマー:60,000円〜
  • ホットキャビ:20,000円〜
  • ワゴン:8,000円〜
  • スツール(イス):8,000円〜
  • 業務用化粧品:100,000円〜
  • タオルなど消耗品:50,000円〜
  • ドレッサー:25,000円〜
  • TOTAL:約30万円〜

ハンドだけでフェイシャルエステをおこなう場合は以上の設備や消耗品があれば開業できます。
これに各種美顔器を使って美白やリフトアップなどのアンチエイジングメニューを取り入れる場合は、50,000円〜200,000円ぐらいの資金が必要になります。

  • ・イオン導入機:50,000円〜
  • ・吸引器:50,000円〜
  • ・複合美顔器:50,000円〜

フェイシャル以外のボディやフットマッサージなどはハンドだけでも出来ますが、寒い冬場の施術や汗や老廃物を排出して代謝を促進させることで施術効果を高めることが出来るヒートマットがあれば良いでしょう。

  • ・ヒートマット:90,000円〜

痩身ニーズの高まりから個人サロンでも痩身メニューを取り入れるケースが増加しています。
最近は個人サロン向けの安価でも高性能な痩身機器が開発されているので個人サロンでも痩身エステが手軽にできるようになりました。

  • ・痩身機器:380,000円〜

また、最近は脱毛をおこなう個人サロンが増えてきていますが、施術に使用する機器が高額なので、よほど資金に余裕がないとお勧めできません。

  • ・脱毛器:2,500,000円〜

以上、自宅でフェイシャルサロンを開業する場合の設備や商材は30万〜50万で十分開業が可能なのです。
まずは少額で開業して経験を積みながら着実にステップアップされることをお勧めします。

マンションを借りて開業する場合

スペースが無いなど自宅で開業が無理な場合は、マンションを借りて開業することになります。
こうした場合は、敷金や手数料など家賃の4ヶ月分がプラス必要となります。
そして、カーテンや家具、照明器具、冷蔵庫、洗濯機などの備品も別途揃えなければなりません。

マンションを借りて開業される方に多いのが1ルームマンションです。
25u〜(8畳〜)で家賃6万ぐらいの物件が平均的です。
地域によって家賃は変動しますし、新築物件は高めです。

近辺にショッピングモールなどがあれば駐車場はいりません。
また、人が集まりやすい場所なので集客には好都合です。
古い物件でもメンテナンスがしっかりしていて、供用部分の掃除が行き届いた物件なら家賃も安いし、お部屋のインテリアを工夫すれば極上の癒し空間が作れます。

  • ・家賃:50,000円〜
  • ・敷金、礼金など:200,000円〜
  • ・カーテン、家具、洗濯機など:100,000円〜

広告宣伝費について

個人サロンは口コミで集客できるようになることが大切です。
開業時は友人や知人をお誘いし、最高に満足していただくことで、お友達を紹介してもらえるように最大限の努力をすることが重要です。

実際に個人サロンの中には広告費をかけず、口コミだけで繁盛店に成長したケースもたくさんあります。もちろん運転資金に多少でも余裕のある方は、ホームページを作成したり、地域の情報誌や新聞の折り込みチラシで集客するのも良いでしょう。

友人、知人が少ない方には費用はかかっても広告媒体を利用することが近道です。
また、ポスティングチラシも継続することで成果が期待できるコストのかからない集客法の一つです。

  • ・ホームページ制作費:50,000円〜
  • ・地域の情報紙 1回あたり:20,000円〜
  • ・新聞折り込み 1,000軒あたり:5,000円〜
お問合せ・資料請求
0120-842-109 お問い合わせはこちら
  • ル・クール天神